簡単に組み立てられるステージ
2018年6月15日

ステージと一緒に花道も設営

ステージを使用するシーンはとてもたくさんありますが、シーンごとに適した使い方というのがあるものです。

イベントによっては普通のステージを設営しただけでは使い勝手が悪い場合があります。ですから、選び方を間違えないことが大切になってきます。例えば、ファッションショーで前後の動きが発生する場合には、ただステージを設営するのではなく花道を取り付けると良いです。花道は、観客席側にはみ出ており、ここを進んで行くことで独特の一体感を得られるようになりますから、イベントを盛り上げる時に役に立ちます。ちなみに、花道は複数の高さがありますので調整が利いて便利です。

具体的な数字としては、10センチから1メートルの高さから選んで設営できるようになっています。幅や奥行に関しても調整はできますので、適したサイズを選んで用意すると良いでしょう。花道は、ファッションショー以外のシーンでも使えますので検討してみると良いです。例えば、ミュージックイベントを開催する場合は、アーティストが花道を進んで行って観客を盛り上げることができます。

このように、色々な使い方ができる設備ですから、生かし方を考えてみるのも面白いです。イベントによっては観客席との接触に関して神経質になることもあるでしょうが、そういった場合はベルトインターネットポールを設置することで役立ちます。これは、テーマパークやバス乗り場などの列をきれいに作れる便利なアイテムですが、ステージと花道に沿うように設置するという使い方もあるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *